公共ファイナンス研究所
  • サイトマップ
  • 免責事項
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
レポート&コラム

行財政・金融・PPP (Public Private Partnership:公民連携)の第一線の研究者・実務者により、 国・自治体の財政再建と資産経営に資するファイナンス・PPPのあり方を調査研究し、 国・自治体等の関係者へ最新の情報を提供してまいります。


■原口総務大臣と懇談いたしました。
 松下政経塾出身の首長とともに、原口総務大臣を表敬訪問し地域経営について懇談しました。 民主党政権は「中央集権から地域主権へ」をマニフェストに掲げ、国から地方自治体へ権限と財源を移管する政策を唱えています。 自民党政権による地方分権をねらった三位一体改革が結局は、地方に負担を強いる結果となり、 今回の民主党による地域主権推進は大いに期待されており、地方交付税交付金の大幅な増額云々も聞こえてきます。 一方、自治体の方はというと、行財政改革に取り組んでいるとしながらも、果たして志しある賢明な経営になっているか否か、 課題も少なくありません。(阿部博人)

■第1回 コラム

東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻教授 根本祐二
「世界標準としてのPPP」
東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻客員教授 福嶋浩彦
「公は市民のもの」
株式会社パブリック・マネジメント・コンサルティング 代表取締役 松村俊英
「新地方公会計 会計モデルの選択~未だ払拭されない大きな誤解~」
株式会社公共ファイナンス研究所 代表取締役 阿部博人
「地域主権推進の前に」

■第2回 コラム

東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻教授 根本祐二
「今、なぜ公共ファイナンスが必要か?」
株式会社公共ファイナンス研究所 代表取締役 阿部博人
「公立病院の経営改革(1)」
Copyright 2009 Public Finance Institute Ltd.All rights resered.