公共ファイナンス研究所
  • サイトマップ
  • 免責事項
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
イベント

■セミナーのご案内

「公共施設マネジメントの手法と事例~フルセットPRE戦略の提案」
―公会計から公共アセットファイナンスまで―
セミナー概要  高度経済成長期に整備した公共施設の老朽化が、自治体経営の大きな課題となっています。厳しい財政状況において、扶助費が増加する一方、世界同時不況の影響で税収が落ち込み歳入不足が深刻になる中、公共施設の膨大な更新費用の捻出は容易ではありません。市庁舎、市民会館、小中学校、市民病院等の建替えや下水道の管渠更新にあたっては、はじめに老朽化度合いと稼働・利用状況及びコストを把握する必要があります。
 藤沢市は公共施設マネジメント白書を他の自治体に先駆け作成し、また、13の地域に予算と権限を移譲する地域経営会議を発足させ、平成22年度には全事務事業・施設を対象にした公民連携提案制度をスタートさせます。
 本セミナーでは、社会資本整備における公共ファイナンスの意義、公民連携による公共施設マネジメントの考え方と藤沢市等の諸事例、公会計・基準モデルによる行政コスト計算/資産の公正価値評価、公共施設マネジメント白書の作成、整備パターンとファイナンスシミュレーションに基づく更新計画づくり、PRE(Public Real Estate、公的不動産)戦略について解説します。
開催日 平成22年7月28日(水) 13時30分~16時40分
会 場 虎ノ門タワーズオフィス10階会議室(東京都港区虎ノ門4-1-28)
主 催 株式会社公共ファイナンス研究所 http://www.public-fi.co.jp/
事務局 株式会社パブリック・マネジメント・コンサルティング http://www.public-ac.com/
参加費 無 料
タイムテーブル 13時30分 開場
14時     開会にあたって「公会計から公共施設マネジメントへ」
          森上 克典(株式会社パブリック・マネジメント・コンサルティング代表取締役)
14時30分 講演1「公民連携によるPRE戦略~藤沢市その他の先進事例」
          阿部 博人(株式会社公共ファイナンス研究所代表取締役)
15時30分 休憩
15時40分 講演2「社会資本崩壊の危機と公共ファイナンス」
          根本 祐二(東洋大学大学院経済学研究科教授)
16時40分 終了
講 師 根本 祐二 氏
<略歴>
東京大学経済学部卒業。
日本政策投資銀行地域企画部長を経て現職。内閣府、国交省等委員、藤沢市公民連携あり方検討委員会委員長等

阿部 博人
<略歴>
北海道大学法学部卒業、松下政経塾修塾、東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻修士課程修了。
藤沢市市民経営推進アドバイザー等
お申込 こちらから、申込書にご記入の上FAXにてお送り下さい。尚、今回は定員に限りがある為、お申込みは地方自治体の職員の方限定とさせて頂きます。また、定員になり次第締め切らせて頂きますので予めご了承願います。
(終了いたしました)
問合せ 株式会社 パブリック・マネジメント・コンサルティング
〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス19階
TEL 03-5777-8953 FAX 03-5777-8954
E-mail:info@public.ac
担当:浦添
Copyright 2009 Public Finance Institute Ltd.All rights resered.